がんのリスクを高めてしまう病気

スポンサーリンク

記事

文春オンラインの記事に気になる記事がありました。

その記事では、がんのリスクが高い病気として糖尿病・脂肪肝・慢性膵炎が挙げられていました。

私は、慢性膵炎はすでになってしまっていますし、糖尿病は慢性膵炎が進行した先に待っている病気です。つまり、今回紹介されていたがんのリスクが高い病気3つのうち1つはすでに発症していて、残り2つのうちの糖尿病は将来的に発症する可能性があるんですよね。

そう思ってこの記事を読み始めたんですが、糖尿病については私が心配していたのとちょっと違うみたいです。

 

糖尿病

この記事で取り上げられているのは2型糖尿病のことのようです。慢性膵炎が進行して発症する糖尿病は膵性糖尿病と呼ばれ、どちらかというと1型糖尿病に近いと思います。

両者には「インスリンが出ているけど効きが悪く血糖値が下がらない」と「インスリンが出ないので血糖値が下がらない」という違いがあります。

糖尿病ががんのリスクを上げるというのは、前者の「インスリンが出ているけれど血糖値が下がらない」ということが関係しているようです。

糖尿病であると「全がん」のリスクが1.2倍になるという研究結果があるそうです。

インスリンには血糖値を下げる働き以外にも、細胞の増殖を促進する働きも持っています。糖尿病の方はインスリンが効きにくくなっているのでインスリンが過剰に分泌され、血液中のインスリン濃度が高くなり、このことが細胞のがん化や増殖に関係しているのではないかと考えられています。

また、これとは別の研究結果になりますが、HbA1c(過去1~2ヶ月の血糖値の平均的な状態を表す)が高い人は糖尿病でなくてもがんのリスクが高いという報告があるそうです。

糖尿病の判定まではいかない程度の高血糖であっても、血糖値が高い状態を続けることはがんのリスクを高めるということですね。

スポンサーリンク

脂肪肝

脂肪肝。この記事を書き始めた時、私には関係無いからこの部分は軽く触れる程度でもいいかなと考えていました。定期検査では肝臓の数値が高値を示していましたが、原因は脂肪肝ではなく、肝臓を酷使したので炎症が起きているのだろうと考えていたぐらいです。それは、アルコールを飲まない私にとって、考えられる脂肪肝の原因は運動不足や食べ過ぎだと思っていたからです。当時はダイエット中で、食べ過ぎも運動不足も考えられませんでした。しかし、この記事を書いている間に、やはり脂肪肝の可能性もあるかも知れないと思い始めてしまいました。

それは「低栄養性脂肪肝」と呼ばれるもので、極端な食生活をしているとこのタイプの脂肪肝になってしまうことがあるようです。当時の私はダイエット中で、エネルギーが少なめで脂質・炭水化物が少なくたんぱく質が多いという偏った食事になってたので、もしかしたら脂肪肝だったのかも知れないと思うようになりました。

私達の体は、通常は糖質からエネルギーを作るように出来ています。しかし飢餓状態になると体に蓄えた脂肪からエネルギーを作るため、肝臓に脂肪を運んでくるそうですが、このとき糖質を摂取すると、糖質からエネルギーを作れてしまうため集まってきた脂肪が使いきれずに中性脂肪として肝臓に貯まってしまうというのが理由の1つのようです。もう1つは、脂肪は血液によって運搬されますが、脂のままでは血液に溶けず運べないため、たんぱく質と結合した形で運ばれていきます。ですので、たんぱく質が不足していると脂肪を運ぶたんぱく質が作れなくなり、肝臓に脂肪が貯まってしまうということもあるようです。

私の場合は前者に該当していたかも知れないと思っています。

脂肪肝になってしまうと、インスリンの働きが悪くなるそうです。そうなると、インスリンの分泌が少ない私は普通の人よりも糖尿病になりやすいはずなので注意しないといけません。

今は当時のような食生活はしていないので、あの当時脂肪肝だったとしても現在は回復に向かっているはずだと期待しています。実際どうなったかは次の検査までわかりませんが。

ここ数年、がんと言う言葉が気になるようになっています。

自分が慢性膵炎であることがわかったということもありますが、昔は遠い親戚の死因としてたまに耳にする程度だったのが、今では職場の方が亡くなったり、友達の家族の方が診断されたりと、自分の周りで聞くようになってきたからということもあります。

慢性膵炎というがんの発症リスクを持っているからには、これ以上リスクを増やさない生活をしていく必要があるのですが、リスクとなる要因は色々とあるようで、実践するのは中々難しいものですね。

参照:「糖尿病」「脂肪肝」「慢性膵炎」には要注意――がんリスクが高い病気<http://bunshun.jp/articles/-/9125>.

栄養障害とsteatohepatitis:その根底にあるものは何か? <https://www.jstage.jst.go.jp/article/kanzo1960/39/1/39_1_1/_pdf>

タイトルとURLをコピーしました