膵炎の薬による新型コロナウイルスの研究が進んでいますね

スポンサーリンク

薬 イメージ

膵炎の薬による新型コロナウイルスに対する感染・重症化の予防に関する研究

以前、膵炎の薬として処方されるフサンやカモスタットという薬に新型コロナウィルスに対しての効果が期待でき、研究が始まったことを紹介しました。

膵炎の薬が注目されていますね
たんぱく質分解酵素剤のフサンが新型コロナウイルスのウイルス感染防止に効果が期待出来るということが全く想像できませんでしたが、ウイルスが人に感染するために必要な、細胞との融合という現象を邪魔することで感染を予防するとうことのようですね。

 

6月になって、小野薬品がフオイパンを用いた新型コロナウイルス感染症に関する臨床実験を開始したという発表がありました。

新型コロナ/小野薬品、膵炎治療薬「フオイパン」を臨床試験 | 日刊工業新聞 電子版へのリンク

新型コロナ/小野薬品、膵炎治療薬「フオイパン」を臨床試験
小野薬品工業は、たんぱく分解酵素阻害剤「...

 

7月にはフサンとアビガンを併用して投与する併用療法がおこなわれていたことを知りました。

■NEWS 重症コロナ患者へのフサン・アビガン併用療法の有効性示唆─東大病院の観察研究で|Web医事新報|日本医事新報社

膵炎の薬を使った治療の研究が進んでいますね。

薬いろいろ

ここまでにフサン、カモスタット、フオイパンと、色々名前が出てきましたが、全て膵炎に処方される薬です。(カモスタットとフオイパンは膵炎以外にも逆流性食道炎に対して処方されることもあるそうです)

ここから先は私が「そう理解している」という認識なので間違えているかもしれません。
フサンは日医工という会社が開発した薬の名前で、これとは別にナファモスタットメシル酸塩という一般名と呼ばれる名前もあります。

薬にはメーカーが決めた名前と一般名があり、一般名は薬の主成分を表しています。昔は処方箋もメーカーが決めた名前で発行されていましたが、現在は一般名で発行されるようになっています。これによって患者がジェネリック医薬品を選択しやすくなっているということのようです。このおかげで薬の名前はメーカーが決めた名前と一般名が両方使われるようになっているためややこしいです。

フオイパンは小野薬品が販売した薬の名前で、一般名はカモスタットメシル塩酸です。そして、フオイパンの後発薬で、同じカモスタットメシルを主成分とした薬があるのですが、こちらは、カモスタットメシル塩酸錠100mg「○○」(○○にはメーカーなどの名前が入ります)という名前になっており、単にカモスタットと言った場合、主成分のことを指しているのか薬の名前を指しているのか判断は難しいですが、どちらに捉えても問題は無いと思います。ここで登場する「カモスタット」もどちらに捉えていただいても問題はありません。

書いていて自分でもややこしいと思うので、今回出てきた薬の名前と主成分の名前(一般名)の関係をまとめてみると次のようになります。

・「フサン」はメーカーが決めた薬の名前で、主成分は「ナファモスタットメシル酸塩」
・「フォイパン」はメーカーが決めた薬の名前で、主成分は「カモスタットメシル塩酸」
・「カモスタット」はメーカーが決めた名前のことを指す場合と主成分の「カモスタットメシル塩酸」のことを指す場合がありそう

という感じです。

全て「蛋白質分解酵素阻害剤」であり、膵臓から分泌される蛋白質を分解する酵素を活性化させないようにすることで、膵臓から分泌された酵素で膵臓自体が分解されないようにするための薬です。

スポンサーリンク

処方箋が無くても手に入れられる?

カモスタットは通常は処方箋が無ければ購入できませんが、個人輸入で購入することはできるみたいですね。私が見たサイトでは100錠入りが送料・税込みで5440円でした(為替レートにより変動あり)。他のサイトでは全て品切れになっているところもありました。もしかしたらコロナウイルスに対する予防効果を期待して購入する動きがあるのかもしれませんね。転売すれば薬事法違反になると思うので、自分で使うための購入なはずです。現時点では効果があるという証明のようなものがされていない状態なので、「効かなくても仕方ないけど、効いてくれればラッキー」ぐらいの気持ちなのではないでしょうか。

今後研究が進んで、フサンやカモスタットが新型コロナウイルスの薬として認められたら、個人輸入などをしなくても、もしかしたらドラッグストアで買えるようになる日が来るかもしれないんですよね。

これまでそういった薬を知らなかった人からすれば、「新しい薬が置かれるようになった」だけのことかもしれませんが、膵炎や逆流性食道炎で薬を処方されている人からすればどこか違和感のある光景なのではないでしょうか。

販売されるまではいかないかもしれませんが、長い間使われているけれど重篤な副作用がなさそうなことや価格が安いことなどから、新型コロナウイルスに対しての効果が認められて欲しいとは思います。

タイトルとURLをコピーしました