ブランの焼きカレーパン

スポンサーリンク

ローソンやミニストップで使える200円OFFクーポンというものが配信されていたので、仕事の帰りにローソンに寄ってみました。

すると、こんなものを見つけました。

焼きカレーパン

ブランの焼きカレーパン

栄養成分(1個当たり)
エネルギー85kcal、たんぱく質4.4g、脂質2.3g、炭水化物13.9g(糖質9.5g、食物繊維4.4g)、食塩相当量0.5g

ローソンが販売している低糖質パンとして、ブランを使用したパンのシリーズがあることは知っていましたが、低糖質には興味がなかったので今までチェックしたことはありませんでした。

ブランとは、
『小麦をひいて粉にしたあとに残る皮で、麩 (ふすま) のこと。』
だそうです。(goo国語辞書)

ブランは食物繊維が豊富で、この焼きカレーパンは1個(約40g)で4.4gも食物繊維が含まれています。1袋2個入りですから、成人に1日に必要とされる食物繊維の半分程度がこの1袋で摂れてしまいます。普段の生活で食物繊維を摂ることが難しい人にはありがたいですね。

スポンサーリンク

私にとって低糖質よりもありがたいこと

そして、私にとってはこれが一番重要なのですが、脂質が1個2.3gです。1袋食べても4.6gでカレーパンが食べられるのは嬉しいです。これなら、主食をブランの焼きカレーパンにして、副菜をいくつか用意しても問題なく10g以内におさめることができると思います。

また、ちょっとだけ食べられるのもありがたいです。1個は40g程度で、エネルギーは85kcalです。これぐらいのエネルギーなら、小腹が空いた時に1個だけ食べるというような利用法もありなのでないでしようか。

食べたみた感想として、ややカレーが少ないかな?と思いましたが、味は美味しいです。スパイスがきちんと効いていて、後から辛味が来る感じでしょうか。また、ブランのおかげなのか、ふっくらとはしていますが、普通のパンよりも歯ごたえがあるように思いました。腹持ちがよさそうな感じです。

ですがその分、消化器である膵臓にとっては結構な刺激になると思います。私は大丈夫でしたが、慢性膵炎の方の場合、人によっては食べると痛みが出るかも知れませんので、挑戦されるかたは自己責任でお願いします。

実は、カレーの王子さまと鶏むね肉を使って低脂質なカレーを作り、油脂を減らしたパンを手作りして、低脂質カレーパンを作ろうと考えていたことがあったのですが、これがあるなら作らなくてもいいかな、と思ってしまいました。パンを生地から用意したり、カレーを少量作る手間などを考えると、ブランのカレーパンを買うことを選んでしまうと思います。

今回はクーポンがあったのでたまたまローソンに立ち寄り、このパンを見つけることができました。私は普段コンビニはあまり利用しないんですが、これからはたまに寄って低脂質食材をチェックするようにしようと思います。

タイトルとURLをコピーしました