懐かしい味がしました

スポンサーリンク

泡寒天というお菓子です。

仕事の帰りにたまたま寄ったおかしのまちおかというお店で見つけました。

泡寒天

原材料を見ると、水飴、砂糖、寒天、でん粉、加糖れん乳、卵白、香料、乳化剤、コーヒー、着色料とあり、これらを使用したゼリー状のお菓子です。

中身はこんな感じになってます。

泡寒天 中身

商品説明によると、メレンゲと寒天で作ったふわふわのゼリーということのようです。

個別にセロハンで包まれていて、それを開けるとオブラートに包まれた四角いサイコロみたいな感じのゼリーが入っています。

大体2センチ四方のサイズで、1個あたりの重さは7.3gとなっています。

味はミルク味とコーヒー味があり、ミルク味はややミルクの風味が少ないものの、そのまんまミルク味です。よくあるミルク味の飴を想像してもらえば間違いはないかと思います。コーヒー味のほうは、コーヒー牛乳の味を思い出しました。すごく懐かしい感じの味です。どちらも子供の頃はこんな味大好きだったなぁと思う味でした。それぞれ8個ずつ入っていました。

かなりの甘さがありますが、メレンゲのおかげか、口当たりが軽く、ついつい次の1個を食べてしまう感じです。

スポンサーリンク

栄養成分(1個7.3g当たり)はこんな感じです

エネルギー

(kcal)

たんぱく質

(g)

脂質

(g)

炭水化物

(g)

食塩相当量

(g)

ミルク 24 0 0 6.1 0.002
コーヒー 24 0 0 6.1 0.002

見ての通り、たんぱく質と脂質が0gとなっています。

低脂質なので慢性膵炎の私にはありがたいお菓子ですね。また、低たんぱく質でもあるので、たんぱく質制限のある方でも食べられるお菓子なのかもしれません。ただ、原材料にでん粉や卵白、練乳などが使われているので、たんぱく質が完全にゼロということは無いはずなので、1個あたりではなく、100g当たりで数値を表示したら、たんぱく質の数値はゼロではない可能性があります。

先程も書きましたが、口当たりが軽く、次の1個に手が伸びて、また次の1個・・・と食べていると、気がついたら1袋食べてしまうかも知れません。その場合384kcalと、ショートケーキ1個分ぐらいのカロリーになってしまうので食べ過ぎには注意が必要です。

それはともかく、メレンゲを使ってこんなお菓子ができるんですね。昔メレンゲを使った焼き菓子を作ったことはありますが、こういう形で使おうと思ったことはありませんでした。

今の所おかしのまちおかでしか見かけませんが、近所のスーパーとかで売ってくれるようになったら定期的に買ってしまうかもしれないです。

 

タイトルとURLをコピーしました