脂肪肝について勉強してみました

スポンサーリンク

勉強

白レバー

昔の話ですが、「白レバー」という焼き鳥が話題になったことがありました。通常レバーといえば赤い色をしていますが、白レバーはその名の通り、白っぽい色をしていて、レバー特有のクセもなく美味しいということで取り上げられていました。話題になっていたころは「数十羽に一羽の割合で取れる」というようことをニュースで言っていたと思います。後から知りましたが、白レバーとは鶏の脂肪肝のことを指すようですね。脂肪肝の記事を書いていて思い出しました。

健康診断を受けた人の3割ぐらいは脂肪肝を指摘されるそうで、白レバーの「数十羽に一羽」どころではないですね。

脂肪肝って?

そもそも脂肪肝とはどういう状態なのでしょうか。簡単にいうと肝臓に中性脂肪が貯まった状態です。肝臓では中性脂肪を作り出したり、エネルギーの元として放出したりしています。例えば、最近食べる量が増えたけど運動不足という場合、食事から吸収した中性脂肪の材料がたくさん肝臓に運ばれてくるのに、運動不足でエネルギーとして使い切れなかったら、肝臓には使い切れない中性脂肪が貯まっていくことになります。こうして脂肪の割合が肝細胞の3割ぐらいになってくると画像診断検査で確認できるようになり、脂肪肝と診断されます。

スポンサーリンク

アルコール性と非アルコール性

昔は脂肪肝と言えば酒飲みがなるものという認識が一般的だったと思います。肝臓はアルコールの分解を担う臓器であり、脂肪をエネルギーとして使うための働きよりもアルコールの分解を優先して行います。このため、多量のアルコールを摂取すると中性脂肪を上手く使えなくなり、肝臓に貯まっていくことで脂肪肝になってしまいます。この状態の人が飲酒を続けると肝炎や肝硬変に移行していき、肝がんを発症する可能性もあります。アルコールが原因なので、治療には禁酒が必要となります。

近年ではアルコールを飲まないのに脂肪肝になってしまう人が増えています。このような脂肪肝を非アルコール性脂肪肝疾患といい、nonalcoholic fatty liver diseaseの頭文字をとってNAFLDと呼ばれています。NAFLD の主な原因は肥満、2型糖尿病、高血圧症、脂質異常症があります。さて、NAFLDはさらに2つに分類され、肝硬変や肝がんに進まず予後が良好な単純性脂肪肝と、肝硬変や肝がんに進行する非アルコール性脂肪肝炎(nonalcoholic
steatohepatitis:NASH)があります。NAFLDの原因を見ると、ほとんどメタボリックシンドロームと同じですね。治療法も同じで、食事療法と運動療法です。場合によっては薬物療法も行われるようです。

私の場合、アルコールを飲まず、肥満・血圧や脂質の異常もなく、運動もしているのに肝臓の数値が高値を示していました。このような場合でも脂肪肝の可能性があります。それが低栄養性脂肪肝です。エネルギー源となる糖質が不足すると、体に蓄えた中性脂肪からエネルギーを作ろうとして肝臓に脂肪が集められます。何らかの理由でこの脂肪を使い切れないと中性脂肪として肝臓に脂肪が貯まり、脂肪肝となるのです。ダイエットで極端な食生活をしている人がなってしまうと言われています。私も当時はダイエット中だったのでエネルギーは低めに押さえていましたし、たんぱく質を多めに摂る代わりに糖質は少なめになっていたので、低栄養性脂肪肝だったのかもしれません。

私の検診結果の異常の原因を探るため、次回は膵臓だけでなく肝臓もエコーで調べることになっているので、次回の検査で何かがわかると思います。どういう結果が出るかはわかりませんが、とりあえず今出来ることはダイエット中にしていたような極端な食生活を止め、栄養バランスのとれた食事をすることぐらいでしょうか。

参照:永仁会だより第35号<http://www.eijinkai-hp.or.jp/magazine/img/dayori035.pdf>.
福井県済生会病院(肝疾患診療連携拠点病院)肝疾患センター,肝臓の病気<https://www.fukui-saiseikai.com/liver/patient/disease.html>.

タイトルとURLをコピーしました