キハダマグロのねぎ味噌焼き

スポンサーリンク

以前購入したキハダマグロをねぎ味噌焼きにしてみました。
(購入の経緯はこちら→キハダマグロを見てみる)

栄養成分

エネルギー 152kcal
たんぱく質 25.7g
脂質    1.6g
炭水化物  5.8g
食塩相当量 1.3g

材料

キハダマグロ 100g
みそ 10g
みりん 5g
酒 3g
おろし生姜 1g
ねぎ(みじん) 4g
片栗粉 1g
ねぎ(飾り用) 1g

みそはご家庭にあるもので大丈夫だと思います。
(栄養成分は信州味噌で計算しています)

スポンサーリンク

作り方

1 キハダマグロはぶつ切りにしてペーパータオルなどで水気を拭いておきます
2 ねぎは外側の白いところ1gを飾り用に千切りにして水にさらし、残りはみじん切りにします。(飾りが不要なら全部みじん切りにしてください)
3 ボウルにみそ、みりん、酒、おろし生姜、ねぎ(みじん)、片栗粉を入れ、しっかりと混ぜたらぶつ切りにしたキハダマグロを入れ、よく絡めます
4 ボウルにラップをして冷蔵庫で30分以上寝かせます
5 冷蔵庫から出し、お好みの方法で火を通してください。火が通ったら器に盛り、千切りのねぎを飾って完成です
みそが焦げやすいので火加減に注意してください

私は魚焼きグリル(両面焼き)の上下とも弱火で6分加熱しました。
冷蔵庫から出してすぐ焼くのか、常温に戻してから焼くのかで時間も変わってくるので、様子を見ながら焼いてください。

出来上がりがこちらです

キハダマグロのねぎ味噌焼き

七味唐辛子が合うと思いますが、香辛料が大丈夫だと確信できる人だけ試してくださいね。
生姜の代わりに、おろしにんにくを使っても美味しいと思います。
私は冷凍のぶつ切りのマグロを使いましたが、スーパーなどで購入される場合は、筋の無いマグロではなく、筋ばっかりで刺身で食べても美味しくなさそうなマグロの方がおすすめです。マグロは加熱すると固くなりますが、筋の部分は加熱すると柔らかくなるので、火を通す料理に向いています。
マグロはそれほど安いものでもないので、コスト的に昔は買わなかったのですが、食べられるものが限定されている今はコスト面でそれほど高い食材では無くなってしまったので、筋張ったマグロが売れ残って半額以下になっているのを見かけると買ってしまうことが結構あります。もちろん生で食べるのではなく、このレシピのように加熱調理して食べています。

タイトルとURLをコピーしました