食パンが食べたいと思った時に

スポンサーリンク

食パンは結構脂質が高いですよね。

自分が慢性膵炎であることが分かってから、食べる機会が減ったものに食パンがあります。もともとそんなにパンを食べるほうではなかったのですが、脂質制限をすることになってから、更に食べる機会が減っていきました。

ステント交換のため定期的に入院していた頃、朝食の主食がパンだったことがあります。
献立としては、ロールパン3個、ジャム、サラダ、スープ、牛乳でした。
食事を見た時、「このパンは脂質いくつなんだろう?」と気になった記憶があります。
何故なら、サラダにはゆで卵が半分入っていましたし、牛乳は200mlのパックだったからです。
卵は1個で5g以上の脂質がありますし、牛乳は200mlで7g以上の脂質があります。

この2つだけでも牛乳の種類によっては脂質が10gを超えてしまうと思うのですが、更にロールパンが3個ついているんです。脂質制限に収まっているからこの献立なはずで、そうするとこのロールパンの脂質は1個あたりいくつなんだろう、という疑問が今でも残っています。

恐らくですが、病院用の食品を扱う業者に個人で注文する形で入手できると思います。どこかで手軽に購入できるならともかく、そこまでして食べたいというわけでもなかったので、いつしかパンというものは私にとって、入院中に食べることが出来たらラッキーぐらいのものになっていきました。

しかしその後、定期的な入院生活も終了し、「入院中にパンを食べるチャンス」というものは無くなってしまします。

そうなると食べたくなってしまうんですよね。やっぱり。

スポンサーリンク

手軽に買えて低脂質なものがありました

日本食品標準成分表2015年版(七訂)によると食パンは100g当たりの脂質が4.2gあります。

重量は、8枚切り1枚が約45g、6枚切り1枚は約60gあるので、脂質は8枚切りが約1.9g、6枚切りが約2.5gあります。2枚食べると脂質が結構高い数値になってしまうため、パンと一緒に食べるものの選択肢が狭くなってしまいます。これもあって、食パンは食べなくなっていったんですよね。

代わりに食べるようになったのがコレです。

超熟イングリッシュマフィン

栄養成分1個(約70g)当たり
エネルギー152kcal
たんぱく質5.1g
脂質0.9g
炭水化物30.8g
食塩相当量0.8g

久しぶりに食べたくなって購入しました。

食パンと比較するため、イングリッシュマフィンの脂質を100g当たりの含有量で考えると約1.3gになります。食パンが100g当たり4.2gですから、食パンの1/3ですね。2個食べても脂質的には1.8gですから、一緒に食べるものは色々選べます。

今回は何か挟んで食べようと思って購入したのですが、せっかくなので、そら豆は低脂質なたんぱく質源になります
で書いた、「そら豆をハンバーグのかさ増しに使えないか?」という思いつきを試作して使ってみることにしました。

イングリッシュマフィン3マフィンは2等分にして少し焼き目をつけてみました。
それと、ハンバーグだけだと寂しいのでレタス、たまねぎ、ミニトマトも用意しました。

あとはこれを

イングリッシュマフィン4

こんな感じで重ねて、上からマフィンでフタをすれば完成です。

イングリッシュマフィン5

それなりにボリュームのある感じになったのではないでしょうか。

材料と作り方はこちら→イングリッシュマフィンでハンバーガーもどき

タイトルとURLをコピーしました