慢性膵炎試験的レシピ 1-1

スポンサーリンク

献立

recipe1-1完成図

卵の野菜あんかけ、里芋の煮物、玉ねぎとレタスのサラダ、豆腐のミルクスープ

「慢性膵炎試験的レシピって何?」という方はこちらをご一読ください。
慢性膵炎試験的レシピを見てみる

栄養成分

エネルギー

(kcal)

たんぱく質

(g)

脂質

(g)

炭水化物

(g)

食塩相当量

(g)

卵の野菜あんかけ 99 7.4 5.3 5.3 1.7
里芋の炒めもの 83 2.4 1.1 16.4 0.4
玉ねぎとレタスのサラダ 38 1.3 0.1 8.7 1.1
豆腐のミルクスープ 119 10.8 2.5 13.1 1.5
合計 339 21.9 9.0 43.5 4.7

材料(野菜の重量は可食部の重量です)

卵の野菜あんかけ
卵50g、しめじ20g、人参10g、水50g、中華だしの素2g、オイスターソース5g、こしょう少々

里芋の煮物
里芋(冷凍)100g、しょうゆ3g、ごま油1g

たまねぎとレタスのサラダ
たまねぎ40g、レタス20g、ミニトマト30g、ノンオイルドレッシング15g

豆腐のミルクスープ
絹ごし豆腐75g、水150g、スキムミルク20g、中華だしの素2.5g、こしょう少々

スポンサーリンク

作り方

卵の野菜あんかけ

1  人参は皮をむいて1~2ミリの拍子切りにする。しめじは石づきを取ってバラバラにする。両方お湯で茹でるか電子レンジなどで火を通してからザルにあげておく。

2  ポーチドエッグを作る。作り方としては、お湯を沸かし酢を加え割った卵を入れて3分程茹でれば出来るんですが、私は電子レンジで作っていますので、今回はこちらの方法を紹介します。といっても、100円ショップなどで売っている「電子レンジで温泉卵」のような商品を使うだけです。ない人は少し深さのある器で代用しましょう。

ここでは器を使った方法を紹介します。

ポーチドエッグ作り方
写真の様に器にラップを敷いてお湯を注ぎ(ラップをしないと器に卵が貼り付いて洗うのが大変になります)、卵を割り入れたら黄身を爪楊枝などで数箇所刺し、電子レンジ500Wで20秒加熱する。器の底に白身がくっついていると思うので、それを外してもう一度電子レンジ500Wで20秒加熱する。また白身がくっついているかも知れないので外して更に電子レンジで加熱(私の経験上ですが、白身が器にくっついた状態で加熱すると卵が破裂します)。

最後の加熱時間はお好みで。半熟が好きな人は少なめ、固めが好きな人は長めに加熱してください。ただ、1度に加熱する時間は30秒以内にした方がいいです。加熱時間が長いと卵が破裂して電子レンジ内に飛びってしまうことがあります。掃除が大変なことはいうまでもありませんが、場合によっは事故に繋がる可能性もあるので注意してください。

好みの固さになったらお湯から出して器に盛っておく。

3 水50g、中華だしの素2g、オイスターソース5g、こしょうをよく混ぜ、小さな鍋(小さいフライパンでもいいです)に入れかき混ぜながら中火で加熱する。とろみがついてきたら1の人参としめじを入れてかき混ぜ、馴染んだら2にかけて完成。

里芋の炒めもの

1 里芋は竹串がスッと入るぐらい柔らかくなるまで茹でてザルにあげておく。

このレシピでは冷凍の里芋を使っていますが、これは
・冷凍ならば季節に関係なく手に入る
・皮むきがいらないので楽な上、形も揃っている
という利点があるからで、生の里芋でも問題ありません。生の里芋の場合は洗って土を落としたら乾かしてから皮をむくようにすると、ぬめりが出ずやりやすいです。また、むいた後の形にこだわらないのであれば、軽く洗った後皮ごと茹でて火を通してしまい、水にさらして冷やしてから皮をむくと「ずるっ」とむけます。食べやすい大きさに切ってもいいですし、切らなくても大丈夫だと思います。

2 フライパンにごま油を入れ火をつける。油が温まったら里芋と醤油を入れてよく絡めて完成。

玉ねぎとレタスのサラダ

1  玉ねぎは線維を切るように0.5~1ミリ程度のスライス(スライサーを使うと簡単です)、レタスは2~3ミリ幅の細切りにします。玉ねぎとレタスは水にさらしてからザルにあげておく。

2  ミニトマトは洗って4~6等分のくし切りにする。

3 玉ねぎとレタスをよく混ぜて器に盛り、上にミニトマトを乗せて完成。

豆腐のミルクスープ

1 豆腐は1センチの角切りにする。

2 鍋に水、スキムミルク、中華だしの素、こしょうを入れよく混ぜて火にかけながらスキムミルクを完全に溶かす。

3 2に豆腐を加え、豆腐に火が通ったら完成。

感想

卵の野菜あんかけ
かなり控えめの味になりました。中華だしとオイスターソースで1.5g程の塩分になるため、もっとしっかりした味になるかと思っていたので予想外でした。

里芋
醤油味というよりは、醤油の香りとごま油の風味で食べる感じになってしまいました。

サラダ
ちょっとドレッシングが多かったかも知れません。10gでもよかったと思います。

スープ
塩味はこんなものだと思います。スキムミルクと塩味は合いますし、中華だしとの相性もいいです。

全体として、病院の朝食という感じです。一応、ドレッシングを10gにすると塩分を0.3g削れるので、その分を卵の野菜あんかけか里芋の煮物に使うと塩味がちょうど良くなるかも知れません。

 

薄味な感想ばかりでしたが、これでも全体として4.7gの塩分が含まれています。日本人の食事摂取基準2015年版によると、1日の塩分摂取量の目標量は(私の場合)8g以下です。既に半分以上使ってますね。1日8g未満をクリアするのは、私には相当難しいと思います。

日本人の食事摂取基準とは

健康の保持・増進、生活習慣病の発症予防を目的とした、エネルギー及び各栄養素の摂取量の基準となるもので、5年毎に改定されます。
概要と報告書を厚生労働省のHPで見ることができますので、私はそれを見ています。書店で見かけたことはないんですが、書籍としても販売されています。

慢性膵炎試験的レシピ 1-2を見てみる

タイトルとURLをコピーしました